ナローバンドUVBを用いた紫外線療法

  1. トップ>
  2. 診療案内>
  3. ナローバンドUVBを用いた紫外線療法

紫外線療法

当院の紫外線療法のご案内

紫外線療法

当院ではナローバンドUVBとUVAという光線を用いて、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、白斑症、掌跡膿胞症などの治りにくい皮膚病の治療をおこなっております。ステロイドのような副作用もなく、健康保険の適用にもなっておりますので、安全でご負担金も少なくて治療を受けていただくことができます。

1週間に1~2回2~3分程度の照射が最も効果的ですが、2週間に1回の照射でも効果は実証されています。

説明などご希望の方は、受付などへお問い合わせください。

紫外線療法って何?

太陽から地上に届いている光は、赤外線・可視光線・紫外線があります。紫外線(Ultravioret=UV)を浴びると、日焼けやシミ・シワと作ったり、DNAを損傷させ皮膚癌を引き起こすなど、マイナスな点が注目されています。しかし、波長を限定して、うまく利用すれば私たちの病気を治してくれることもあるのです。紫外線治療とは、紫外線の中でも、特定の皮膚病に効果を上げる波長を出す医療用紫外線照射装置を使って、治療することです。主に、乾癬、白斑、掌跡膿疱症、アトピー性皮膚炎などに効果があります。

現在、紫外線療法は波長によってUVA、UVB、ナローバンドUVB療法と主に3つの種類に分類することができます。

PUVA(Psoralen+UVA)療法

ソラレン(Psoralen)という感光物質を塗る、飲む、または湯に溶かして入浴した後、長波長紫外線(UVA)を照射します。

治療を受けた日は、ソラレンによって皮膚が紫外線に敏感になっていますので、紫外線を避ける必要があります。

UVB療法

ソラレンなどの薬は使わず、中波長紫外線(UVB)を照射します。

ナローバンドUV療法

UVB波長の中でも、特に狭い範囲に限定した波長をつかった療法で、薬が必要なく、しかも効果はPUVAとほぼ同じと考えられ、注目が高まっています。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・ご相談

ご予約
お問合せ

06-6751-5269

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る